スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ドラッカーセミナーに参加して
 今日は会社を休んでNPOの仲間と一緒に藤屋伸二氏の「ドラッカーの社長学」というセミナーに参加してきました。藤屋氏はドラッカー本を何冊も出していて、僕も2年ほど前に彼の本を読んだことがあります。NPOの仲間たちでドラッカーのセミナーが出来るようになることを目指していて、その勉強のために今回参加したのでした。

 セミナーの内容を簡単にまとめてみます。

①セミナーの対象 中小企業の経営者

②内容のレベル  戦略、戦術のレベル(経営理念、経営ビジョンレベルはなし)

③話のポイント  1.市場は豊富にある(厳しいと思わない)
          2.変化をチャンスととらえる(過去現在にしがみつかない)
          3.マーケティング思考(購入権は100%お客様)
          4.市場セグメンテーションとポジショニング
          5.差別化とイノベーション(強みに特化、発想の転換)

④話し方     たんたんとした話し方。
          ドラッカーの言葉は最小限に止め、半分以上が企業の事例
           事例の豊富さが説得力を増している


大変わかりやすく、対象者の興味、関心に非常にマッチした優れたセミナーでした。中小企業の経営者はドラッカーを知的に読んで楽しむという方はあまりいないと思われます。やはり、中小企業に経営者に話す時は、難しい用語は使わず、具体的なイメージが湧くような内容にすることが第1条件だと思いました。
スポンサーサイト
[2012/02/15 20:23] | セミナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<値段が高いものはおいしいのか? | ホーム | 経営理念と経営哲学>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://40dokuritu.blog.fc2.com/tb.php/3-a9576262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。