スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
脅かされる衛生要因
 中小企業白書の2009年度版によると、従業員が仕事に対して最もやりがいを感じるファクターは何であるかという調査をしたところ、

1番目 賃金水準(大企業38.6%、中小企業43.6%)
2番目 仕事をやり遂げた時の達成感(大企業17.7%、中小企業18.1%)

という結果になっています。

 2009年というとリーマンショックの翌年で最も失業率が高く、雇用不安が広がっていた年でもあるので、ちょっとこの結果は極端かもしれませんが、リーマンショックの影響を少なからず受けている今の世界経済の中にあっては、この結果はほぼ真実を表しているのではないかと思います。

 ハーズバーグ二要因理論によると、賃金水準は衛生要因、達成感は動機づけ要因に当たるのですが、賃金水準に最もやりがいを感じるということからは、衛生要因つまり働く環境や条件が満たされていない、あるいは低下しているという事実が読み取れます。賃金水準の低下は生活水準の低下につながりますので、生活の安全・安心が脅かされることになります。

 戦後の右肩上がりの経済成長時代では、賃金水準の上昇と共に生活水準も上昇していきました。このような状況では、その時点での生活水準が下がることはないので、生活水準の低下を気にすることもなく、達成感や高い評価、自己成長などの動機づけ要因にやりがいを見出しながら人々は働いてきました。このことを当たり前のように思っていたのですが、当り前ではない時代になってしまっているのです。

 衛生要因が満たされた上で、動機づけ要因は働くようになります。マズローピラミッドでいえば、生理的な欲求と安全の欲求という衛生要因の次元の欲求が満たされた上に、帰属の欲求や承認の欲求、自己実現の欲求などの動機づけ要因レベルの欲求が生じて来るのです。
スポンサーサイト
[2012/03/30 18:36] | 人事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<原理原則 | ホーム | 第1のハードル突破>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://40dokuritu.blog.fc2.com/tb.php/16-d8cac6b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。