スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
八会
 今年の第24回社労士新規開業準備研修に参加したメンバーで、第1回目の集まりの場を持ちました。参加したのは15人ほどで全員ではありませんでしたが、参加したメンバーで会の名前を決めました。その結果、

八会(すえひろかい)

に名前が決定しました。「」というのは2×4=8無限大の発展を意味しています。

 さて、その後会に参加しているメンバーはそれぞれが詳しく自己紹介を行いました。全員の自己紹介が終わって思ったのは、参加メンバーの環境は次の3パターンに分類できるということでした。

①定年退職組
このパターンの人が最も多くいました。年金や嘱託などの収入がある一方、ライフステージにおいても子育てなどが終わっているため、生活に余裕がある。

②社労士関係の事務所で働いている
独立はしていませんが、現在社労士事務所など社労士業務に関連する事務所などに勤務していてる人。女性でアルバイトをしている人も含めます。

③他のビジネスを持っている人
社労士の仕事以外のビジネスを持っていて(事業主として)、そちらで生活していけるだけの収入がある人

社労士ビジネス一本で独立している人は一人もいませんでした。「現実は甘くない」考えてみれば当然のことだと思います。僕は③のタイプに属しますが、今回の自己紹介によって、自分の選んだ選択は奇抜ではなく、極めてオーソドックスで現実的なものであることを確認しました。

次回の勉強会が楽しみです。

CIMG0002.jpg
スポンサーサイト
[2012/04/24 13:41] | 独立 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
3つの行動指針
 これから独立していくと、必ず大きな波に何度もぶつかることが予想されます。荒波の海の中をどのように航海していくか、どこに行きたいのか、どう行くのかというしっかりとした方針、基準が必要です。

 僕は自分がビジネスを1人で始めるに当たっての行動指針を3つ明記することにしました。これは僕が今まで生きて来る中で知らず知らずのうちにもっとも重要視してきた方針であり、また好きな言葉でもあります。

①自由   基本的にすべての考え方あるいは活動のベースとなります。自由には権利と責任が付随します。

②原理原則 成長、成功するための必要条件です。また原理原則から離れた自由は存在しません。

③独創性  他との差別化には必ず独創性が必要です。僕は昔から独創性にこだわってきました。 
[2012/04/06 07:49] | 人生 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
原理原則
 先日の稲森和夫さんの『生き方』で重要な2つ目のポイントが

原理原則

です。どのように複雑に見える事象でも、整理していくと単純な原理が表れてくるというのです。この原理原則については、実際の生活やビジネスの中で2つの生かし方があります。

①原理原則を見つける 帰納法 主に問題の発見、原因の解明に使う
②原理原則を応用する 演繹法 主に商品、サービスの開発や、組織、運営づくりに使う

 原理原則を先ず頭の中にたたき込むことです。原理原則があれば何も恐れることはなく、様々な問題を解決し、ビジョンや計画を立てていくコンサルタントにとってなくてはならない考え方であると思います。

生き方―人間として一番大切なこと生き方―人間として一番大切なこと
(2004/07)
稲盛 和夫

商品詳細を見る


[2012/03/31 18:09] | コンサルタント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
脅かされる衛生要因
 中小企業白書の2009年度版によると、従業員が仕事に対して最もやりがいを感じるファクターは何であるかという調査をしたところ、

1番目 賃金水準(大企業38.6%、中小企業43.6%)
2番目 仕事をやり遂げた時の達成感(大企業17.7%、中小企業18.1%)

という結果になっています。

 2009年というとリーマンショックの翌年で最も失業率が高く、雇用不安が広がっていた年でもあるので、ちょっとこの結果は極端かもしれませんが、リーマンショックの影響を少なからず受けている今の世界経済の中にあっては、この結果はほぼ真実を表しているのではないかと思います。

 ハーズバーグ二要因理論によると、賃金水準は衛生要因、達成感は動機づけ要因に当たるのですが、賃金水準に最もやりがいを感じるということからは、衛生要因つまり働く環境や条件が満たされていない、あるいは低下しているという事実が読み取れます。賃金水準の低下は生活水準の低下につながりますので、生活の安全・安心が脅かされることになります。

 戦後の右肩上がりの経済成長時代では、賃金水準の上昇と共に生活水準も上昇していきました。このような状況では、その時点での生活水準が下がることはないので、生活水準の低下を気にすることもなく、達成感や高い評価、自己成長などの動機づけ要因にやりがいを見出しながら人々は働いてきました。このことを当たり前のように思っていたのですが、当り前ではない時代になってしまっているのです。

 衛生要因が満たされた上で、動機づけ要因は働くようになります。マズローピラミッドでいえば、生理的な欲求と安全の欲求という衛生要因の次元の欲求が満たされた上に、帰属の欲求や承認の欲求、自己実現の欲求などの動機づけ要因レベルの欲求が生じて来るのです。
[2012/03/30 18:36] | 人事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第1のハードル突破
 先日、退職届を会社に出してきました。会社に退職の意思を表明してから、約2カ月半かかりました。退職日は引き継ぎなども考えて5月15日にしました。

 次は会社立ち上げという第2のハードルを越える必要があります。先ずは会社を立ち上げて、体制を作り、最低限のライフラインを確保しなければなりません。やりたいことは多々ありますが、焦らず土台作りに時間をかけたいと思っています。

 いつもビジネス書ばかり読んでいますが、ふと本棚にほこりをかぶっていた稲森和夫さんの『生き方』に手を伸ばしてみました。

人生・仕事の成果=考え方×熱意×能力

胸に刻みたい言葉です。

生き方―人間として一番大切なこと生き方―人間として一番大切なこと
(2004/07)
稲盛 和夫

商品詳細を見る
[2012/03/29 06:34] | 独立 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。